十人十色の結婚式。誰かと同じにする必要なんてない。

場所だけでもホテル・ゲストハウス・レストランと色々

純白のウェディングドレスに身を包みバージンロードを歩く・・・女性なら誰しも一度はそんなシーンに憧れたことがあるのではないでしょうか。ステンドグラスに高い天井、ゴーンゴーンと響く鐘の音、場所は教会を思い描く方も多いと思います。でも、今や結婚式は色々な場所を選ぶことができるのです。
まずはホテル。ホテルの規模にもよりますが、ホテルの場合、さらに和式、チャペル、レストラン、ロビーなどと挙式場所が選べるところが多いです。
そしてゲストハウス。一軒家にゲストを招いた感覚でアットホーム感を演出できます。チャペルの他に、ガーデンでの挙式などもあります。ゲストハウスによって、海辺に佇んでいたり欧州風の建物だったり売りが異なってくるので、多数の中から一番を選ぶのはなかなか大変です。
レストラン挙式もくだけたスタイルと美味しいお料理をふるまえる点が人気です。
白無垢に身を包み神社で挙式、身内だけ又は二人だけで海外やリゾートでの挙式、式は挙げずに写真だけを残す、などなど、どこで式を挙げるかだけでも、選択肢は五万とあるのです。

どんな結婚式にしたいか

場所が決まったら、次は式の内容です。指輪交換に誓いのキスでしょ?と思われるかもしれませんが、実はそれだけではありません。
指輪交換に誓いのキス、賛美歌が流れ神父が「アーメン」と唱える、それはごく一般的なキリスト教式というものです。多くの女性が思い描いていた憧れの結婚式です。宗教による進行なのでアレンジはほとんどしませんが、それでも式場によっては、演奏を生演奏にするか否か、リングガール(指輪を運ぶ子ども)はいるか、バージンロードは誰と歩きたいか、などと希望を聞いてくれるところも多いです。
そして、近年人気が高まっているのが人前式。キリスト教式が神に結婚を誓うのに対し、人前式は参列して下さっている人に結婚を誓います。宗教が関係しないので進行は全くの自由です。と言っても、キリスト教式のような進行を取り入れている式場が多いですが、それに加え、新郎新婦独自の誓約書を読み上げたり、新婦ご両親と戴冠の議を行ったり、中には新郎新婦をゴスペルシンガーが先導するサプライズを用意したり、挙式から二人の個性を出していくことができます。
昔ながらの和式も健在です。一言で結婚式と言っても、今やその内容は色々なのです。

結婚指輪を名古屋で探す場合はカジュアル路線なら栄エリア、高級路線なら名古屋エリアがおすすめです。もちろん、いずれにもどちらの路線のお店もありますが、傾向的に多くなっています。