自分のためだけじゃない。やっぱり結婚式はやったほうが良い理由。

パートナーのための結婚式

結婚が決まった二人がまず頭を悩ませるのが「結婚式をやるのかやらないのか」ということですね。二人の間ではっきりとした「結婚式はしない」というある場合はともかく、少しでも迷いがあるのならば話し合ってみる必要がありますね。
ここで気を付けていただきたいのが、「あなたがしたいかどうか」ではなく「彼、彼女はしたいかどうか」です。特に女性の方には「一度は花嫁衣装を着てみたい…」という密かな願望を持っているひとも多いはず。その時は「しなくてもいい…」と思っていた人が、友人や親せきの結婚式をきっかけとして「あの時やっておけば良かった」と後悔するケースはよく聞かれます。後々のしこりにならないためにも、相手が少しでも結婚式をしたそうならば、する方向で進めていったほうがよさそうですね。

まわりに感謝を伝える結婚式

二人の間で「結婚式はしない」という意思が固まっているカップルは、少し周囲の声に耳を傾けてみてください。「子どもの晴れ姿を見たい」「きちんと親戚にお披露目してほしい」という思いを持ったご両親も多いはずです。こういった思いが垣間見られたときには、周囲への「ありがとう」と「これからもよろしくお願いします」を伝えるために結婚式を行うという風に考え方を変えてみるのもいいですね。
二人が幸せな結婚をすることができるのは、これまで支えてくれた人たちがあってのものです。そしてこれからも周囲に色々とお世話になりながら生きていくと考えることもできますね。そんな方々への感謝を伝える場として結婚式を位置づけ、おもてなしのための工夫を凝らした会にしてみるのも素敵ですね。

結婚しパートナーとなった証のひとつがブライダルリングです。女性なら誰しもが憧れを抱き、これから共に歩んでいく2人の特別な物となります。